医療ひっ迫、コロナ専用病院を増設

保健省は6月24日、ジャカルタ特別州にある3ヶ所の病院を、新型コロナウイルス感染者専用の病院に転換すると発表した。主に中〜重症患者を受け入れる予定だ。

ジャカルタでは、急激な感染者増加により病床の使用率がほぼ上限に達そうとしている。感染者の受け入れを行っている病院は州内で140ヶ所で、隔離病室は9852床、集中治療室(ICU)は1218床用意されている。23日時点の病床使用率は隔離病室が90%、集中治療室(ICU)が86%に達する。今回の増設で、少なくとも500床以上の病床が確保できると思われる。

隔離病室使用率は全国平均で約68%であるが、ジャカルタ特別州の他、バンテン州、中部ジャワ州、ジョグジャカルタ特別州において80%を上回っている。