【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

アジア・パシフィック・レーヨン、リアウ州に新生産拠点

繊維生産を手掛けるアジア・パシフィック・レーヨン(APR)はこのほど、リアウ州プララワンに新たな生産拠点を設置した。新拠点の開設に当たり開かれた式典には、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領が出席した。
新工場は年間24万トン程度のレーヨンを生産する能力を持つ。さらに糸も年間1万トン生産可能だという。
APRはパルプ・製紙大手アジア・パシフィック・リソーシズ・インターナショナル・ホールディングスの傘下企業。APRは今後、新工場の年産能力を60万トンに引き上げる意向だ。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー