【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

ウエイトリフティングで2個のメダル獲得

(c) Kompas

東京2020オリンピックのウエイトリフティングで、インドネシア人選手2名がそれぞれ銀メダルと銅メダルを獲得した。

国内のメダリスト第一号となったのは、7月24日に行われた女子49キロ級のウィンディ・チャンティカ・アイサ選手。まだ19歳のウィンディ選手は、銅メダルを獲得した。

メダリスト第二号は、7月25日に行われた男子61キロ級のエコ・ユリ・イラワン選手で、合計302キログラムを持ち上げ銀メダルを獲得した。これによってエコ選手は、2008年の北京オリンピックでデビューして以来4つのオリンピックメダルを獲得しており、国内歴代最多メダル獲得選手となった。

 

記事カテゴリー