【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

3回目のワクチン接種、有料で来年から実施

(c) Kompas

政府は新型コロナウイルスワクチンの3回目接種(ブースター接種)を、2022年から有料で実施する計画であることを明かした。

ブディ保健相は8月25日、今年中もしくは来年の始め頃までに政府主導の無料のワクチン接種プログラムが終了した場合に、3回目接種が開始できると伝えた。

医療保険制度を利用でき、価格は10~15万ルピアを想定している。政府の費用負担は、医療保険料の支払い能力がない国民の分のみに限定する。

現在、3回目接種は医療従事者のみに限定して行われている。接種者は米モデルナ製ワクチンか、2回目までに接種を受けていたものと同じ種類のワクチンを選ぶことができる。これまでに約45万人が3回目のワクチン接種を完了しており、接種可能な人材の約34%にあたる。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!