【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

政府機関所有のヘリコプターが墜落 タンゲラン

(c) Kompas

インドネシア政府機関が所有するヘリコプター(Bell 429 PK-CAW)が13日午前10時25分頃、ブディアルト空港(バンテン州タンゲラン)の滑走路に墜落した。

ヘリコプターに乗っていた操縦士、副操縦士、航空技術者の3人は軽症を負ったが命に別状はなかった。当局は乗っていた3人の氏名や年齢など詳しい情報には言及していない。

運輸省によると、事故当時ヘリコプターは定期訓練を行っている最中で、高度約100メートル時点で強風に煽られ、旋回しながら落下したという。機械の一部に故障があったと見て、空港当局と国家安全運輸委員会が詳しい事故原因を調査している。

 

記事カテゴリー