【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

インドネシアの銀行支店、デジタル化で減少へ

(c) TheJakartaPost

ドイツの経営戦略コンサルティング、ローランド・ベルガーはこのほど、インドネシアでは向こう10年にわたり、顧客のデジタル・バンキング・サービスへの移行が進むことで、銀行の支店が急速に減少するとの見通しを示した。

ローランド・ベルガーは東南アジア地域にある銀行の支店は向こう10年で、18%減少すると予想する。これは東南アジア全体で1万1000支店が減るとの見方で、とくにインドネシアでは7000支店がなくなるとみられている。

インドネシアに次いで銀行の支店が大きく減るとみられるのは、タイとマレーシア。一方、シンガポールとブルネイでは2010年以降、すでに支店が減り始め、デジタル・バンキング・サービスへの移行がみられている。

 

記事カテゴリー