【出展企業様募集】営業機会を増やす ビジネスEXPO開催 詳細はこちら

モパ空港 新ターミナル完成 パプア州

(c) Kompas

パプア州メラウケ市にあるモパ空港の新ターミナルが3日、完成した。新ターミナルの敷地面積は7200平方メートルで、年間の利用者63万8000人を見込んでいる。

式典に参列したジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は「新ターミナルの誕生は、輸出や投資における地域の競争力を高めるだけでなく、メラウケ市民の生活の安定を図り、パプア州の発展に利益をもたらすだろう」と述べた。また州知事や県知事に「モパ空港を最大限に活用し、メラウケ市やその周辺に新しい経済活動の拠点が生まれるよう努めてほしい」と促した。

ジョコウィ大統領は、広大な島嶼国(島国)として民族をひとつにまとめるためには、人・物・サービスの流れを円滑化する「連結性」が求められると、交通インフラ整備の重要性を改めて強調した。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!