【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

桜テラス第2号、年内グランドオープン | 株式会社シノケングループ

株式会社シノケングループは11日、同社インドネシア現地法人シノケン・デベロップメント・インドネシア(SKDI)が開発するサービスアパートメント「桜テラス第2号」が、10月中に竣工し、年内にグランドオープンを予定していると発表した。

桜テラスは、シノケンが日本国内で展開するアパートメントをインドネシア向けにローカライズし、用地仕入~設計~施工~入居・宿泊運営まで垂直統合モデルで提供するサービスアパートメント。

第2号はジャカルタ中心部に位置し、土地面積512平方メートル、地下1階、地上4階建ての鉄筋コンクリート造りで、ロフト付きワンルーム60戸を有する。竣工後、建物検査や家具家電搬入、スタッフ教育等の準備を行い、12月にグランドオープンを予定している。また「桜テラス第3号」も来年4月に竣工予定。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー