【視聴無料】インドネシアビジネスEXPO2021開催/最新賃金・人材市場やIoT/生産性向上など21のウェビナーあり

コロナ感染減を受けジャワ・バリ島間の搭乗条件変更

(c) 20Detik

インドネシアの新型コロナウイルス感染者数は減少傾向にあり、世間では感染拡大を抑制できているとの見方が多く示されるようになった。この状況を受け、内務大臣指令2021年第53号が発令され、ジャワ・バリ島間の航空便搭乗における条件が更新された。同指令は2021年10月19日から11月1日までの期間に適用される。

具体的には、搭乗者に最低1回以上のワクチン接種証明書および48時間以内のPCR検査陰性証明書の提示を義務付ける。また、これまで一部で許可されていた抗原検査の陰性証明書を無効とするほか、ワクチン接種証明書単体での搭乗も不可能とした。保健プロトコルの遵守を条件に、収容率100%での運航を許可する。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!