ボロブドゥールマラソン2018 開催

中部ジャワ州マゲラン県で18日、ボロブドゥールマラソン大会が開催され、世界30ヵ国から9672人が参加した。目的は、異なる宗教を信仰する人々の心をひとつにしようというもの。フルマラソン・ハーフマラソン・10キロと3部門で構成されている。
大会関係者らは「同じ道を走り、心をひとつにすることでボロブドゥール寺院から平和や協調が生まれる。将来的に国際イベントを増やし、遺跡訪問者の増加にも繋げたい」と述べた。
開催7回目の今年は村のホテル計250室がすべて満室となり、住民らが個人で管理するホームステイも合わせると500室以上が満室になったと見られている。
同地域の住民は主に農業従事者か同寺院で商人をしていたが、数年前から国営企業が手掛けるプログラムの1つで農村部の観光事業発展を支援する「Balai Ekonomi Desa」により宿泊施設が建設され、増加する観光客にも対応している。