【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

日本人向けアパートvia alma、入居者募集本格開始 | 双日株式会社、大和ハウス工業株式会社

双日株式会社と大和ハウス工業株式会社は19日、西ジャワ州ブカシにある双日グループが開発・運営する総合都市デルタマス・シティにおいて、日本人家族向けサービスアパートメント「via alma KOTA DELTAMAS」の入居者募集を本格開始すると発表した。

via almaは、2018年12月に双日と大和ハウス工業が共同で施設運営会社を設立し、2019年11月に着工、本年7月に竣工した施設。敷地面積は1万1000平方メートル、鉄筋コンクリート造の地上9階建てで、1~3LDKの住戸148部屋を有する。

住戸内は、インドネシア初となる日本式ユニットバスの導入、戸別浄水器完備、日本メーカー製家電の設置など、日本の生活スタイルに合わせた仕様となっている。施設内には日系の幼稚園、進学塾、クリニック等のテナントが入居する。また、施設とチカラン日本人学校との間を専用通学路で連結し、徒歩通学が可能である。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー