【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

インドネシアはエネルギー危機に対処するために石油・ガスの増産が求められている

(c) AntaraNews

石油・ガス産業は依然として、世界経済を牽引する主要な資源であり、特に国際的なエネルギー危機を回避するため生産量の増加と資源備蓄事業に取り組んでいる。

経済担当調整省のラデン・パルデデ事務局長は10月24日「世界のエネルギー危機の原因のひとつは、エネルギー転換の準備が整っていないにも関わらず、投資家、銀行、資本市場がグリーンエネルギーに切り替え、化石燃料産業を放棄したことにある。インドネシアはまだ危機に瀕しておらず、石油・ガス増産のために十分な準備をする必要がある」と見解を述べた。

国家エネルギー基本戦略(GSEN)では、政府は国家の回復力と独立性の実現を目指しており、そのひとつとして、1日あたり100万バレルの石油生産を増やし、製油所のニーズに合わせて海外の油田を取得する。また政府は多くの戦略を実施することにより、上流部門の石油・天然ガス産業における国産品の活用(TKDN)を増やす方針。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー