【視聴無料】インドネシアビジネスEXPO2021開催/最新賃金・人材市場やIoT/生産性向上など21のウェビナーあり

12月12日はオンラインショッピングデー 一足早く11月11日から商機始まる

インドネシアでは12月12日がナショナルオンラインショッピングデー(通称Harbolnas)となっているが、ここ数年は11月11日にも大規模なプロモーションイベントを開催する企業が増えてきた。

今年11月11日のHarbolnasには、多くのeコマースプラットフォームでバウチャーの配布やキャッシュバック、全国送料無料の施策などが実施された。中でもブリブリ(Blibli)では100%キャッシュバックにより、iPhone 12 ProやYamaha Gear 125、Toyota Raizeが実質0ルピアでゲットできるプロモーションが行われ注目を集めた。

またショッピー(Shopee)によると、11月11日に実施した「11.11ビックセール」では、開始5分で1100万個の製品が売れたという。さらに開始後2時間で通常日の5.5倍の取引を記録した。インドネシアの人々の購買傾向としては、コスメ、メンズファッション、ムスリムファッションの3つのカテゴリーが人気が高かった。

同日の19時から始まった同ビックセールのライブ配信イベントには、韓国の男性アイドルグループ「NCT 127」が出演し、本セール最大の盛り上がりをみせた。イベントはユーチューブやRCTIなどの多数の現地テレビ局でライブ放送され、インドネシアのアーティストなども出演した。

Harbolnasを記念してプロモーションを実施したのはeコマース事業者だけではない。ピザ・ハットでは、同社アプリケーションのみで公表され、持ち帰りかデリバリーのみで注文可能な無料ボックスが出現した。インドネシアの新興コーヒーチェーンのコピ・クナンガン(Kopi Kenangan)でも専用アプリケーションからのみ注文できる限定プロモーションや、オンライン決済のGoPayとコラボした割引メニューなどが出現した。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!