【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

スマランに電動バイク新工場設立

(c) TheJakartaPost

電動バイク製造会社フォルタ・インドネシア・スメスタはこのほど、中部ジャワ州スマランに新設した工場を稼働した。同社は新工場で月間5000台、年間6万台の電動バイクを生産する目標を打ち出している。

フォルタ・インドネシア・スメスタは小売りサービス事業を展開するNFCインドネシアと小包配達サービス事業を手掛けるシチュパット・エクスプレス・インドネシアの合弁会社。新工場はスマランのTerboyo工業地帯に位置し、同社初の電動バイク生産拠点である。新工場で生産する電動バイクの電池は、エネルギー・スラル・バルから供給される。

また今後、ジャカルタ首都圏に100カ所、バンドン、ジョグジャカルタ、スマラン、スラバヤ、バリに50カ所の電池交換ステーションを設置する予定。

 

記事カテゴリー