【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

ジャカルタ特別州 22年州最低賃金5.1%引上げ

(c) Kompas

ジャカルタ特別州のアニス・バスウェダン知事は18日、2022年度の州最低賃金(UMP)を21年度よりも5.1%増加させると発表した。これにより同州のUMPは、22万5667ルピア増加し、464万1854ルピアとなった。

州政府は先に、UMP増加率を0.85%と発表。これを受けて、労働組合総連合がUMPの引上げを求め、各地でデモ活動を行った。

アニス知事は「この5.1%の増加は、労働者にとって実現可能であり、また経営者にとって手頃な価格である。同時に、市民の購買意欲の上昇につながることも期待している」と述べ、今回の改定は労働者への感謝の形であり、経済・産業界への活力の注入になると見解を示した。またUMPを引き上げた基礎となる考慮事項については、国内のインフレ率(1.6%)と経済成長率(3.51%)を検証したと説明した。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー