【オンライン開催】インドネシア入国セミナー2022 入国前に不安を解消します

西スマトラ州の地熱発電事業に参画 | 株式会社INPEX

株式会社INPEXは12月16日、西スマトラ州南ソロク県のムアララボ地熱発電事業に参画すると発表した。地熱事業を目的とする子会社、株式会社INPEX地熱開発を通じ、本事業に30%権益を保有するスプルメ・エネルギー・スマトラの33.33%の株式を取得し参入した。

本事業は、欧州大手総合エネルギー企業のENGIE、住友商事株式会社及びインドネシア民間地熱発電事業デベロッパーのスプルメ・エネルギーが共同で実施している。定格出力は約 85メガワットで、スマトラ島の約42万世帯の年間使用電力量に相当する電力を賄っている。2019年12月の商業運転開始から30年間にわたり国営電力PLNに地熱で発電した電力を販売する。

同社は、再生可能エネルギーの取り組み強化と重点化を掲げ、石油・天然ガス開発で培った技術を活用できる地熱発電事業に対する取組みを加速するとしている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!