【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

貿易収支、22カ月連続で黒字

(c) Kompas

中央統計局(BPS)のマーゴ長官は15日、2月の貿易収支が38億3000万米ドルの黒字となったと報告した。22カ月連続の黒字となる。

2月の輸出額は前年比34%増の204億6000万米ドル。一方、輸入額は166億4000万米ドルで、輸出が輸入を上回ったため黒字となった。2月の最大の黒字貢献品目は動・植物性油脂、鉱物性燃料、鉄鋼だった。貢献国はアメリカ、フィリピン、インドで、最大の貢献国であるアメリカとの黒字額は18億6000万米ドルに達した。

しかしながら、依然として中国、タイ、オーストラリアとの貿易赤字は続いている。中国との貿易収支は9億940万米ドルの赤字で、機械類および電子機器類が主な要因となった。タイとの貿易赤字は5億3980万米ドルで主な要因は砂糖・菓子類、オーストラリアとの貿易赤字は4億360万米ドルで穀物、鉱物性燃料が主な要因だった。

 

記事カテゴリー