【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

アナック・クラカタウ山 一日で噴火18回

ランプン州ランプン・スラタン県セラット・スンダにあるアナック・クラカタウ山(標高338メートル)で11月26日、18回もの噴火が起き、うち8回は高さ200メートルから600メートルに達する黒い噴煙が観測された。
気象・気候・地球物理学庁(BMKG)によると、26日の午前0時から24時間にわたり夜間対応のCCTVによる観測データを確認したところ、頂上の100~200メートル辺りで赤熱溶岩の噴出も観測されたという。
現在は警戒レベル2(注意)が発令されており住民や観光客は、火口半径2キロメートル以内への立ち入りは禁止されている。

 

記事カテゴリー