【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

HPVウイルス予防接種義務化へ

(c) Kompas

保健省は19日、子宮頸がんなどの原因となるウイルス、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症を防ぐワクチン接種を義務化する見通しを示した。ワクチンの接種費用は公費負担とする。インドネシア小児科学会(IDAI)は、HVPワクチン接種を子どもの定期接種に追加することは非常に重要で、小学校5~6年生の女子を追加対象とした。時期については、毎年各教育機関で8~9月に実施される定期予防接種と同時期を予定している。

2016年から2021年までジャカルタ特別州やジョグジャカルタ特別州、東ジャワ州スラバヤ市などで先行導入されており、今年から中部ジャワ州やバリ州、北スラウェシ州など111の県と市に範囲を拡大する。

保健省は、女子は15歳までにHPVワクチンの2回接種を終え、26歳までに3回目を完了することが理想的と見解を示した。

 

記事カテゴリー