【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

連休中の交通事故による死者数は476人

(c) JakartaGlobe

国営保険会社ジャサ・ラハルジャによると、ラマダン(断食月)の最終週とそれに続くレバラン(イドル・フィトリ、断食月明け大祭)を含む3日間の間に、少なくとも476人が交通事故で死亡した。

連休期間中には州を跨ぐ高速道路を走る自動車の数が大幅に増加し、交通事故の発生率が通常時よりも高くなった。ジャサ・ラハルジャのリファン・プルワントノ社長は「476人が死亡した交通事故に対する保険金として554億ルピアを支払い、病院と統合したオンラインシステムを通じて3767人の負傷者に保険金支払いの書類を発行した」と述べ、2019年と比べると連休中の死亡事故の件数は66.6%減少したと述べた。

高速道路を管理する国営ジャサ・マルガによると、レバラン休暇中に首都圏から地方へ出発した車は過去最高の170万台で、2019年と比べると9.5%増だったという。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー