【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

イスラム指導者入国拒否 シンガポールを非難

(c) CNN Indonesia

インドネシアウラマー協議会(MUI)は5月18日、シンガポール政府が著名イスラム指導者のアブドゥル・ソマッド氏の入国を拒否したことを受け、同政府の対応を強く非難した。

シンガポール内務省は「ソマッド氏が講演で自爆テロについて言及するなど、過激思想や異宗教侮辱の言動が確認されており、多民族、多宗教のシンガポールで受け入れることはできない」と正式に発表した。

ソマッド氏は同月16日、家族や友人らと休暇でシンガポールを訪れ、観光予定だったという。MUIは、ソマッド氏に関するシンガポールの見解は事実無根として、入国拒否の取消と謝罪を求めている。

 

記事カテゴリー