【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

通勤電車の路線変更でマンガライ駅が大混雑

(c) DetikNews

首都圏の通勤電車「KRLコミューターライン」を運行するクレタ・コミューター・インドネシア(KCI)は、5月28日からスィッチ・オーバーの実施に伴いKRLコミューターラインの路線を変更した。マンガライ駅を拠点とした長距離列車、KRLコミューターライン、空港鉄道の最適化で、国家戦略プロジェクトの複々線化(DDT)の一環でもある。しかし、乗り換えを目的とする乗客で連日大混雑となっている。

新ルートでは、ボゴール・アンケ/ジャティヌガラ行きの環状線は停止され、ボゴール、デポック、ナンボ駅から乗車してスディルマン駅やタナ・アバン駅へ向かう場合、すべてマンガライ駅で乗り換える必要がある。利用者からは非常に不便になったと不満の声が多くあがった。

ディディエック・ハルタントヨ社長は「ご不便をかけ申し訳ない。公式アプリKRLアクセスを利用し、ルートの最新情報を常に確認して頂きたい」とコメントしている。

 

記事カテゴリー