【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

オミクロン株新系統、バリとジャカルタで8例確認

(c) Kompas

保健省は12日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の新系統「BA.4」と「BA.5」の感染者が国内で8人確認され、全員がすでに回復したと発表した。

最初に確認されたのはバリ州で、インドネシア人1人と外国人3人。3人がBA.5、1人がBA.4に感染していたが、いずれも無症状か軽症だった。

またジャカルタ特別州では、20~40歳の男女の感染が確認され、3人がBA.5、海外旅行者の1人がBA.4だった。そのうちBA.5の感染が確認された20歳女性がせき、息切れ、頭痛などの中程度の症状を示していたが、4人全員がすでに回復した。

保健省によると、中程度の症状を示した患者のみワクチンの3回目接種を受けていなかった。他の7人は、3回以上接種を完了していた。
インドネシアの1日あたりの新規感染者は、12日までの5日間連続で500人を超えており、増加傾向にある。

 

記事カテゴリー