【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

中小企業の事業基本番号取得を推進

(c) TheJakartaPost

政府は、中小企業の事業基本番号(NIB)取得を促している。インドネシアでは多くの企業がインフォーマル部門で事業展開していることもあり、NIB取得を推進しているという。

政府によると、2022年の年初からこれまでに、インドネシアでは約150万社がNIBを取得した。これにより、現在までにNIBを取得した企業の数は550万社となった。このうち98%は中小零細企業となっているが、NIBを取得した中小企業と実際の中小企業の数には大きな差がある。

政府は中小企業の事業を後押しするため、金融機関などと連携している。国営BRI銀行は、各地でマイクロクレジット事業を展開している。さらに国営の金融会社Permodalan Nasional Madani(PNM)も、マイクロクレジットの提供に力を入れており、特に起業を希望する女性への貸付に注力している。

 

記事カテゴリー