【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

発育阻害を2年後までに14%にまで削減

ジョコ・ウィドド大統領は7日、北スマトラ州メダンで第29回家族の日(Harganas)を祝う演説の中で、今後2年間で発育阻害の児童の割合を24.4%から14%に引き下げることを目標としていると述べ、国民に努力と政府への協力を呼び掛けた。

ジョコウィ大統領は、発育不良の子供たちは、インドネシアの将来の世代が他の国の同世代の子供たちと競争するのが難しいことを意味すると述べた。2021年に実施された栄養状態調査(SSGI)によると、5歳未満の児童2300万人の発育阻害率は、2018年の30.8%から2021年には24.4%に低下している。

ジョコウィ大統領は、現在、すべての国が困難に直面しており、アフリカとアジアのいくつかの国はロシアのウクライナへの軍事侵攻のために食糧危機に直面していると述べ、家の中の空きスペースを利用して、毎日の食糧のために植え付けや農業を行うよう呼びかけた。

 

記事カテゴリー