【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

トランスジャカルタ 女性専用バスを再開

(c) Kompas

州営トランスポルタシ・ジャカルタは、7月25日から首都圏専用バス「トランスジャカルタ」の女性専用バス「ピンクバス」の運行を再開した。

対象となる路線はパサール・バル~カリデレス間(3M)で、5時から22時まで運行する。乗客は乗り降りの際、バス停で電子プリペイドカードをかざす必要があり、料金は他のバスと同じ3500ルピアとなっている。ピンクバス運行再開の理由についてアナン事務局長は「特に女性の乗客に対し安全で快適なサービスの提供をする弊社のコミットメントの一環であり、公的交通機関内のハラスメント問題を解決するための取り組みだ」と説明した。

ピンクバスは、民族運動に取り組んだ女性、カルティニの生誕を祝う「カルティニ」の日に合わせて2016年に初めて導入され、コロナ禍で運休していた。

 

記事カテゴリー