【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

隣国マレーシアへの渡航、アプリ不要に

(c) DetikTravel

マレーシアのカイリー・ジャマルディン保健大臣は7月30日、新型コロナウイルス感染拡大防止のための入国措置を緩和し、8月1日からはこれまで登録が義務付けられていた携帯アプリ「マイ・スジャトラ」を廃止すると発表した。同アプリでは入国者の個人情報のほか、ワクチン接種情報や滞在先の入力が求められ、海外からの渡航者の追跡を目的としており、ワクチンパスポートとしても機能していた。

マレーシアでは新型コロナウイルスの感染数が減少しており、感染状況をコントロールできていると関係当局が判断し入国措置緩和に踏み切った。
空港での水際対策として、体温測定や健康状態の観察は引き続き行われる。

 

記事カテゴリー