【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

カンボジアへの労働者211人の人身売買を阻止

(c) TheJakartaPost

北スマトラ州デリ・セルダンのクアラナム国際空港で12日、法執行機関と地元当局の合同チームがカンボジアのシアヌークビルに211人の出稼ぎ労働者を送ろうとする違法な人身売買を阻止した。

入国管理局の職員らがチャーター機の出発を阻止し、211人全員を事情聴取のため北スマトラ警察本部に連行した。労働者らはアチェ州、東ジャワ州、ジャンビ州、ジャカルタ州、北スマトラ州、西カリマンタン州の出身で、違法なオンライン・ギャンブルに関連する仕事に従事させられる予定だったという。

カンボジアでは、多数のインドネシア人が人身売買の犠牲になっており、そのほとんどは中国に拠点を置く組織が資金を提供していると言われている。プノンペンのインドネシア大使館のデータによると、2021年以降、少なくとも417人のインドネシア人出稼ぎ労働者が人身売買の被害に遭っているが、実際の被害者の数は数千人に上る可能性がある。

 

記事カテゴリー