【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

インド製ワクチン、ブースターの緊急使用許可取得

(c) Kompas

医薬品食品監督庁(BPOM)は13日、18歳以上を対象とした新型コロナウイルスワクチンの3回目接種(ブースター接種)について、インド血清研究所が製造する「コボバックス」の緊急使用を承認した。

BPOMは、コロナウイルスワクチン国家特別評価委員会やインドネシア予防接種技術詰問グループ(ITAGI)、臨床医学協会の推薦に基づき、安全面や品質、効能において学術的に考慮したと説明した。

コボバックスは米ノババックス社により開発された。インドネシアではインドフォルマ社により登録され、2021年10月に18歳以上の1回目ワクチン接種用に緊急使用が承認された。2022年6月には12歳以上の1回目ワクチン接種用に緊急使用が許可された。

 

記事カテゴリー