【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

バリ島で交通対策管理実施 G20サミット対応

(c) Kompas

陸運総局は13日、バリ島で11月に開催される主要20ヵ国・地域首相会議(G20サミット)を控え、支援の一環として交通対策管理(MRLL)と電気バスを準備する方針を明らかにした。

MRLLについては、車両のナンバープレート末尾の数字で通行を制限する奇数偶数制の通行規制と、物資輸送の制限を行う。対象地域は空港エリア、スミニャック、サヌール、ジンバラン、ヌサドゥア地域で、主要10路線で実施する。期間は11月8~19日の午前6時から午後8時(現地時間)まで。交通状況や車両の台数を調べるため、G20サミット開催1週間前から試験的に実施する。

電気バスは、環境に配慮されたBTS方式を採用し、派遣団輸送のため30台を配備する予定。

 

記事カテゴリー