【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

バイオテクノロジー部門の人材不足指摘

(c) TheJakartaPost

インドネシアのバイオテクノロジー部門は人材確保の面で課題を抱えている――。国際医薬品製造業者グループ(IPMG)がこのほど、こうした見方を示した。

IPMGは、インドネシアはバイオテクノロジー部門の研究者が極めて少なく、100万人当たりのバイオテクノロジー分野の研究者数が90人にとどまると指摘した。シンガポールの場合、この値は6729人、マレーシアは2274人で、インドネシアは近隣諸国と比べて研究者が不足している。

さらに、政府の研究開発(R&D)向け支出は国内総生産(GDP)の0.2%にとどまり、R&Dの体制が低い水準であることを示している。

 

記事カテゴリー