【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

米粉があれば、もうコーヒーのカフェインも怖くない?その真偽は?

(c) kompas.com

胃に負担なくコーヒーが飲めるというレシピがTwitterに投稿され反響を呼んだ。作り方は、まず小さじ1杯の米粉をカップに入れ、同量程度の水と混ぜる。米粉と水がよく混ざったら熱湯を注ぎ、かき混ぜる。次にコーヒーとお好みで砂糖を加え、さらによくかき混ぜ、数分待ったら完成。「胃を守るだけでなく、口当たりも喉ごしも良く新鮮」とアカウントの所有者は共有している。しかし米粉を加えると、コーヒーによる胃への負担が軽減されるというのは本当だろうか?

シロアム病院系列モフタル・リアディ総合がんセンターの臨床栄養学の専門家Inge Permadhi医師は「胃に疾患のある方がコーヒーを飲んだ時に痛みを感じるのは、コーヒーがpHの低い酸性飲料だからです。レシピを発案された方はおそらく、米粉を加えることで酸性のコーヒーを中和できると考えたのではないでしょうか。しかし米粉を加えるとコーヒーによる胃への負担が軽減されるということは証明されていません」と説明した。

さらにInge医師は「胃に問題を抱えているけれどどうしてもコーヒーが飲みたいという方は、食後にコーヒーを飲むようにしてください。空腹の時にコーヒーを飲むと、カフェインが胃液の分泌を促進し、過剰に胃液が分泌されて胃が荒らされてしまいます」と付け加えた。

 

記事カテゴリー