中小企業部門が成長 GDPに8547兆ルピア寄与

中小企業省はこのほど、国内の中小企業は同国の国内総生産(GDP)に8547兆ルピア分貢献していると明らかにした。またインドネシアの中小企業の数は2024年までに年間4%のペースで増えるとみられている。

中小企業の売上高の伸びと中小企業数の増加は、経済の成長と回復を受けたもの。一方、大都市でデジタル経済が成長する中で、中小企業の成長には地域差が生じている。とくにジャカルタは首都であるとともに、経済活動が活発で、インドネシアのGDPの17%を生み出すなど突出している。

中小企業の成長はデジタル化の進展の恩恵を大きく受けたもので、特に新型コロナウイルスの流行下での成長が著しい。中小企業が持続可能な事業展開をするために、オンラインの電子商取引(Eコマース)プラットフォームには地元のブランドやアーティストが取り上げられるようになっている。