スカルノハッタ空港、ASEAN最多乗客数記録

(c) Liputan6
名前

2022年12月のスカルノハッタ空港の乗客者数が200万人を超え、ASEANで最も忙しい空港となった。

OAGアビエーションの報告によると、スカルノハッタ空港の12月の乗客者数は215万7518人だった。ASEANでは、次いでベトナムのタンソンニャット空港が146万人、フィリピンのマニラ国際空港が135万人、ベトナムのノイバイ空港が106万人、タイのドンムアンが93万人だった。

また別の調査では、航空機の就航便数においても、スカルノハッタ空港は12月の1日あたりの平均本数が579便となり、世界で9番目に便数の多い空港となった。