バンク・ネオ・コマース、23年に黒字化目指す

(c) TheJakartaPost

インドネシアのデジタル銀行、バンク・ネオ・コマースはこのほど、事業拡大を図るとともに、富裕層向け商品や融資サービスなど新たな商品を売り出すことで、2023年に業績の黒字化を目指す意向だと明らかにした。

バンク・ネオ・コマースは具体的な業績目標は明かしていないが、手数料をベースとする収入を増やすことで業績の拡大を図る計画だ。このうち富裕層向けの資産管理事業では、バンク・ネオ・コマースのアプリを通じて投資信託に投資できるようなサービスを導入する。

さらに中小零細企業向けの融資サービスも導入する見通しだ。バンク・ネオ・コマースは金融テクノロジー・プラットフォームと連携してこの融資サービスを展開するという。