モナス再開発 緑地を追加

(c) DetikNews

ジャカルタ特別州政府はモナス(国家独立記念塔)地区の再開発を計画しており、同州環境開発課によると、段階的に緑地を追加する予定だという。

第1段階として、モナスの塔を取り囲むエリアを緑あふれるエリアにリノベーションする。同エリアの先には現在、駐車場(IRTIパーキング)とレンガン・ジャカルタという名称のフードコートがある。第2段階以降では、これらの商業エリアもすべて緑地にリノベーションして円形劇場を設置し、同州創造経済観光局が制作した動画などを放映する予定。芝生に座ってリラックスできるような空間を想定しており、プロジェクションマッピングの導入も計画されている。駐車場とフードコート内にある屋台はモナス塔の東側に緑地に溶け込む形で再配置される予定。

関係者は4月11日、最終的な完成時期は2024年7~8月を目指していると述べた。