東南アジア競技大会、男子バレーで3連覇

(c) JakartaGlobe

カンボジアで行われている東南アジア競技大会で、インドネシア男子バレーボールチームが3年連続の金メダルを獲得した。プノンペンで8日に行われた決勝戦でホスト国カンボジアを25対21、25対10、25対15のストレートで勝利した。

2年に一度開催される東南アジア競技大会で、インドネシアはこれまでに一度もセットを失ったことがない。カンボジアは準決勝でタイと対戦し、2セットを失った後劇的な逆転勝利を収めたが、国際大会での経験を持った選手を含むインドネシアの選手軍たちには及ばなかった。

開始直後のサーブでアタッカーのドニ・ハリヨノが着地時に足首を骨折するアクシデントがあり早々と交代するトラブルがあった。
バレーボールは1977年から東南アジア競技大会のメダル種目となり、男子部門ではインドネシアが他の参加国を上回る12個の金メダルを獲得している。