高速鉄道延長計画、ジョグジャ経由でスラバヤまで

(c) Kompas

運輸省はこのほど、ジャカルタ・バンドン高速鉄道をジョグジャカルタを経由してスラバヤまで延長する計画を発表した。

鉄道運輸局のリサル局長は7月5日、バンドンからスラバヤまで路線を延長することの実現可能性について検討を行うと述べた。現段階では名称は変えないつもりだという。

ジャカルタ・バンドン高速鉄道は8月18日から約3カ月間の無料の試験運行を開始する予定であるが、バンドンにあるパダララン駅およびテガルアール駅の2駅からバンドン市街地にアクセスするには、支線列車を利用する必要がある。現在、支線列車はパダララン駅からバンドン市街地のみ利用可能となっており、この所要時間は約15分である。ジャカルタのハリム駅からテガルアル駅までは約32分、テガルアル駅からバンドン市街地まではさらに約15分で移動できるようになる。