【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

女性の婚姻可能年齢を引き上げへ

インドネシアの憲法裁判所は13日、1974年に定められた婚姻に関する法律の中で、女性の婚姻可能年齢を16歳と規定しているのは違憲であると判断した。
女性の婚姻可能年齢に対する司法審査請求に対して、アンワル・ウスマン裁判長は、男性の婚姻可能年齢は19歳と規定されており、男女で年齢が異なるのは性差別であり、1945年に定められた憲法に違反しているとの判断を示した。しかしながら、原告が求めた女性の婚姻可能年齢を男性と同じ19歳へ引き上げることについては、立法府が議論すべきことであり、将来の法改正の妨げとなる可能性があることを理由に請求を退け、国会が3年以内に同法を改正するよう命じた。
別の判事は、現在の規定は法改正がなされるまでは有効としつつも、2002年に定められた児童保護法では18歳未満を児童と定義していることから、この法律と調和した年齢に調整されるべきだとの見方を示している。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー