インドネシア外務省 143名がまだイスラエル・パレスチナに残留

(c) 20.detik.com

インドネシア外務省は10月13日、紛争状態となっているイスラエル・パレスチナ両国に残留するインドネシア人が計143名いることを明らかにした。内訳は、ガザ地区に10名、ヨルダン川西岸に29名、サピル(イスラエル南部)に94名(留学生)。また、これまでに現地に滞在するインドネシア人の被害は確認されていないと発表した。

外務省は、現地に滞在中のインドネシア人には常に身の安全を確保するよう促しており、すべてのインドネシア国民に対して警戒レベルを引き上げ、紛争地域に渡航しないように呼びかけた。