現場で居眠り 空き巣の男を逮捕

(c) Kompas

北ジャカルタのパデマンガン郡で10月23日午前8時30分頃、空き巣の男が被害者宅で寝てしまい、警察官に起こされて逮捕される珍事件があった。捜査関係者によると、被害に遭った家の息子が、2階寝室のベッドでぐっすりと寝ている知らない男を発見し、すぐに警察へ通報した。家の所有者である両親は当時留守だったという。駆け付けた複数の警察官に起こされた男は、驚きながらも「ベッドを借りて寝ていただけ」と答えたという。警察官が男を現行犯逮捕し、警察署へ連行した。

その後、男の供述で、冷蔵庫のコンプレッサーや鉄くずなどを盗んだが、逃走した他の仲間がすでに売却したことが分かった。警察は共犯者の行方を追うとともに詳しい捜査を続けている。