インドネシア事業に関する無料相談はこちらから

サンディアガ観光相「チケット詐欺再発防止を徹底」

(c) finance.detik.com

サンディアガ・ウノ観光・創造経済大臣は12月4日、今年11月に開催された英人気ロックバンド「コールドプレイ」のインドネシア初公演でチケット詐欺が多発したことを受けて、2024年に向けた再発防止策を説明した。主に、チケット購入者がチケット番号などを照合して真偽を確認できる体制を整える。具体的には、ヘルプセンターやアプリケーションを設け、購入者がアクセスできるようにする予定。チケット争奪戦が予想される人気コンサートでは、チケットの販売状況が分かるような仕組み作りをコンサートの主催者および興行主に働きかける。

サンディアガ大臣は、2024年にも複数の世界的ビッグバンドがインドネシアでの公演を企画していると述べ、決して非公式な販売経路からチケットを購入しないよう注意を促した。チケット詐欺の横行はインドネシアの評判を落とす行為でもあり、国民一人ひとりの倫理観に委ねられているとの見解を示した。