【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

ジャワ島横断高速道路 40年をかけ993キロが直結

国内7カ所の高速道路の新規建設部分が完成し、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領が12月20日に開通記念式典を行った。
ジャワ島東部から西部までの国内高速道路ネットワークが40年の建設期間を経てようやく完成し、バンテン州チレゴンから東ジャワ州パスルアンまでの993キロメートルが高速道路で直結した。工業地帯、特別経済地区、観光スポットなどを多数沿線に含み、物資の輸送にも大いに利用され経済活動に好影響が出ることが期待される。
ジャワ島横断高速道路の建設は1978年に始まったが、土地収用の問題や建設会社が幾度も変更になるなどして、完成が大幅に遅れた。1978年から2004年までに242キロメートル、2005年から2014年にかけて75キロメートルが完成し、その後ジョコウィ政権になった後、2015年から2018にかけて616キロメートルが完成した。

 

記事カテゴリー