【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

ジャワ第1コンバインドサイクル発電所、建設スタート

西ジャワ州カラワンでこのほど、ジャワ第1コンバインドサイクル発電所の建設がスタートした。同種のプロジェクトとしては東南アジアで最大規模だという。
同発電所の投資額は18億米ドルに上る。完成すれば、出力は1760メガワット(MW)になるという。建設には労働者4600人が必要になる大規模プロジェクトだ。完工は2021年の見込み。
この事業は3万5000MW分の発電容量を確保するプログラムの一環だ。発電した電力はPLNの配電網を通じ、新規の顧客1100万世帯に供給される見通し。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー