【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

インドネシアで新型コロナ検体輸送のオンデマンド型サービスを開始 | トヨタ・モビリティ基金

一般財団法人トヨタ・モビリティ基金は、医療従事者が安全かつ効率的に検体を検査機関に運ぶために、オンデマンド型の輸送サービスを提供する。期間は6月5日から約3カ月間を予定している。

このサービスは、トヨタアストラモーター社とトヨタ ダイハツ エンジニア リング アンド マニュファクチャリング株式会社の運営支援を受け、ジャカルタ特別州北ジャカルタ地区と西ジャワ州ブカシ地区にある6つの医療機関を対象にして、4台の車両をオンデマンドで運行するもの。

車内には空気清浄機を設置し、定期的なシートカバー交換や頻繁な清浄などの衛生管理を行う。また、検体を検査機関に運ぶ医療従事者が携帯電話のアプリから乗降場所と乗車時間を指定し座席を予約すると、他の医療従事者からの要望も踏まえた最適な輸送ルートが選定されるという。

 

記事カテゴリー