【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

コロナ感染で隔離の拘留者が逃亡

(c) TheJakartaPost

パプア州の州都ジャヤプラ市で10日、市内のバヤンカラ警察病院から拘留者4人が逃走する事件があった。4人は新型コロナウィルス(COVID-19)感染症の検査で陽性を示したため、同病院に隔離されていた。4人は部屋の鉄格子を壊して逃走したという。

パプア州警察のカマル広報官によると、4人は激しい降雨の中、悪天候を利用して逃走したとのこと。病院スタッフが隔離室に食事を届けに行ったところ、部屋の中はもぬけの殻だったという。

同氏は、逃走した拘留者が他の人々にウィルスをうつすかもしれないと懸念を示している。警察は逃亡者の親族を含む一般市民に、逃亡者の居場所を知っている場合には報告するよう呼び掛けている。

ジャヤプラでは先月、簡易テストで40人の拘留者が陽性反応を示し、そのうち11人が後にPCR検査で陽性と確認されている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー