7月からプラスチック製レジ袋使用禁止 ジャカルタ

(c) Tempo

7月1日より、ジャカルタ首都特別州内のすべての商業施設、店舗および市場でプラスチック製レジ袋の提供が禁止される。

同日より施行される州知事令第142号2019年に定められた規則に基づき、あらゆる商店において買い物客に使い捨てのプラスチック製レジ袋を提供することが禁止され、環境に優しいレジ袋のみ提供可能となる。

同州知事令に違反した場合は、商店の責任者に対して書面での注意勧告を行う。改善されない場合には、最高2500万ルピアの罰金または一時的な営業停止処分といった厳しい罰則が科されることになる。

ジャカルタではパサールと呼ばれる地元の市場でも様々なサイズのプラスチック製レジ袋が浸透しており、これまで買い物客には無料で提供されてきたため、その手軽さや便利さに慣れた市民に「エコバッグ」文化が普及するまでには時間を要する可能性がある。