【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

リモートVR介護授業開始、生徒はインドネシアで受講 | ジョリーグッド

株式会社ジョリーグッドは6月24日、同社が提供する外国人材介護教育VRサービス「CareVR」(ケアブイアール)が、インドネシア最大規模の人材データベースを保有する人材紹介会社セティア マネジメント株式会社の提携する送り出し機関で導入決定したと発表した。

CareVRはこれまでベトナム、ミャンマーで導入されているが、日本にいる講師が海外の自宅にいる受講者らにオンラインVR授業をするのはこれが初となる。

CareVRは、介護の技術をVRでトレーニングできる外国人労働者向けの教育ソリューション。インドネシアでは、コロナ禍でオンライン授業は普及し始めているものの、介助技術などの実習が行えないことが課題となっていた。

CareVRのリモートVR教育システムにより、当事者目線でのVR体験トレーニングを実施することで、オンライン授業にリアルなVR実習プログラムを組み込むことが可能だという。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー