【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

出稼ぎ労働者の男性 ワニに襲われ死亡

インドネシア海外労働者斡旋・保護局(BP3TKI)は5月21日、マレーシアのラハッド・ダトゥ市で海外出稼ぎ労働者として農業をしていた東ヌサトゥンガラ州出身のステフェン・トロックさんが、職場の椰子畑近くの池で死亡していたことを明らかにした。
BP3TKIによると、トロックさんは前日から行方不明となっており、遺体の頭部がないことや現場の状況からワニに襲われたとみられている。
トロックさんの遺体は5月20日にマレーシアを出国し、ジャカルタ経由で故郷のクパン市へ搬送されている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー