【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

タバコのネット広告が禁止に

情報・通信省は保健省からの要請に従って、インターネット上におけるタバコの広告を全面的に禁止することを決定した。
11日に保健省のニラ・ムールク大臣から情報・通信省のルディアンタラ大臣宛てに、10代の若者の中でネット上の広告を見て喫煙を始める者が少なからずいるという調査結果とともに、広告の禁止を求める書簡が送られた。
ルディアンタラ大臣は書簡を受け取った後すぐにインターネット上のタバコの広告の内容を調査するよう指示を出し、2009年の保健法で禁じているタバコそのものの映像を含んだタバコの広告がフェイスブック、インスタグラム、ユーチューブに114件あることを調査チームが確認した。調査チームは違反した広告を掲載しているアカウントの停止をそれぞれのSNS事業者に要請している。

 

記事カテゴリー